> 以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
> 最新のトラックバック
ヘルシーで体にやさしい自然食
from 元祖ニュータンタンメン本舗 ..
市場から直送!新鮮魚の『..
from おいしいおしゃれなグルメ地図..
Fun Deli(ファン..
from まろまろ記
ちょっとだけ季節外れのがめ煮
from 晴走雨読
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【4月29日】●巨人1-5中日○(東京ドーム)
e0000839_20151420.jpg今シーズン2度目の観戦は後輩と。ここまで既に3勝と進化を遂げた内海のテンポのよいピッチングに期待した。内海は前回観戦時に敗戦投手となった高橋尚(4/5顔面に打球を食らい、長期離脱)の穴埋め役として、そのままローテーションを引き継いできた。去年の内海と言えば、まるで安定感がなく、出ては自滅…といった印象で、かつての新浦や岡島を彷彿させたが、前監督の堀内が辛抱強く、先発起用し続けたのが、功を奏したのか?、今季はオープン戦当初から調子がよかった。TVで観る限り、腕の出方が以前よりスムーズになり、また内角を思い切って突く投球が小気味よく、打者を翻弄しているようだ。
e0000839_20134157.jpg一方の中日の先発は大ベテラン・山本昌。プロ23年目の40歳。ここまで対巨人戦33勝。現役ではトップの数字だ。ここ数年は、球威不足からか?序盤で早々とKOされるか、中盤まで交わし交わしの老獪な投球で無難に乗り切るかのイメージがあったが、この日は後者の方。ジャイアンツは中盤4回に一旦、追いつきはするものの8回途中まで4安打のみと、完全に押さえ込まれてしまった…。投球間隔を長く空けたり、時には牽制球を続けたりして、相手にペースを与えない投球には脱帽するばかり…。
内海もそう悪くはなかったが、同点とした直後、先頭打者に四球を与えたり、暴投で失点する等、山本昌と比較すると、”若気の至り”がモロに出てしまった内容だった。
それにしてもこの日までの巨人の勝率は8割弱。その内の2敗を観戦してしまったのだから…。次回の観戦はソフトバンクとの交流戦を予定。ぜひとも勝利を見たいものだ!
[PR]
by issa-izm | 2006-04-29 23:46 | スポーツ観戦記
『ステーキハウス 岩下正明』(4月16日)
e0000839_11482280.jpgたまプラーザの商店街の一角にあるステーキハウス。休日のこの日、会社の同僚と「肉を食おう!」ということになって、思い切って入ってみた。今、絶好調のGIANTS・矢野謙次外野手も御用達とのこと。。
というのもこの店の主は元プロ野球選手の岩下正明さん(ヤクルト→大洋)。超野球オタクを自負する私はこの岩下さんの現役をTVで目の当たりにしている…。時は'80年代半ば(私が小学校低学年の頃)、当時から熱狂的なG党であった私は毎晩、巨人戦の中継に噛り付いていたのだが、対ヤクルト戦の終盤になると、必ず代打で登場してきたのが、この岩下さんである。今と変わらず、当時から丸刈りでキリッ☆とした印象の選手であった。寿司職人かその筋の人とか見紛ったものだ。
実を言うと、学生時代の時からもう何年もこの店に入ってみたくて、仕様がなかったのだが、『ステーキハウス 岩下正明』というそのストレート過ぎる店名に少々怯んで、この日まで来てしまったのであった。。
e0000839_032674.jpg【食べた料理】『おすすめコース』¥3,200~サラダ、海鮮焼き(鮭・ホタテ・イカ)、野菜焼き(たまねぎ・じゃがいも・なす)、オーストラリア産牛ヒレ100g、ガーリックライス・デザート
眼の前にある鉄板で焼いてくれるスタイル。焼き上がるのが待ち遠しく、”垂涎”とはまさにこういうことか…。ステーキはとてもジューシーでやわらかく、ボリュームも満点。付け合わせのスライスされた揚げにんにくとも抜群の相性だ!最後の〆は、「ガーリックライス」。おこげの部分も美味しく、大満足であった。手頃な値段で、このボリューム。”リピーター”になりたい店である。
[PR]
by issa-izm | 2006-04-16 23:28 | 東京食紀行
『県庁の星』('06・日本)
e0000839_18403783.jpgある歌手(森山良子)のコンサートに出掛けた両親と時間の調整をすべく、上映間際に映画館へ飛び込んで、言わば”時間潰し”に見た作品『県庁の星』。上映から1ヶ月以上経過していた為か、土曜の夜というのに客席はまばら…。さほど期待せずに、リラックスし過ぎた状態で鑑賞。
【ストーリー】主人公は出世欲満々の、とある県庁のキャリア公務員(織田裕二)。エリート意識を持った上昇志向丸出し男で、大手建設会社の社長令嬢(紺野まひる)と婚約し、担当した数百億円単位のビッグプロジェクトの成功も目前と、その未来は順風満帆だ。そんなある日、彼は県政の目玉である人事交流の一環として、あるスーパーに派遣され、得意満面。ところが研修先はやる気のない三流スーパー「満天堂」。賞味期限切れの近い食材で惣菜を作り、バックヤードの整理もままならない、三流店。しかも、野村の教育係・二宮あき(柴咲コウ)は自分より年下のパート店員。それでも出世の為と意気込む野村だが、書類第一で融通の利かない公務員とお客様第一で現場主義のパートがうまくわけもなく、二人は事あるごとにぶつかってしまう始末。しかしそんなぶつかり合いが思わぬ奇跡を呼び起こしていく…。
e0000839_18422028.jpg【メモ】『白い巨塔』など数々のヒットTVドラマを手掛けてきた西谷弘の劇場映画デビュー作。キャリア官僚とパート店員が衝突を繰り返しながらも協力して三流スーパーの改革に乗り出す人間ドラマ。出世欲丸出しの官僚に織田裕二、彼の教育係で現場主義の店員に柴咲コウが扮し、コミカルな掛け合いを披露する。『踊る大捜査線』シリーズではノンキャリアの熱血刑事を演じた織田が、融通の利かない公務員として演じ、新境地を拓いた。
【コメント】次の展開がわかってしまうという点では、平凡な作品。わざわざ映画化した理由がわからない気もするが(映画を観たという気が全くしない…)、ちょっとした暇つぶしにはなる。
ストーリーは、やや薄っぺらく、浅い内容のため(公務員やスーパーの世界を深く掘り下げたりはしない)、少々物足りないが、完成度の高い”2時間ドラマ”と割り切れば、そこそこ笑えて、少しは感動させてくれる作品だ。
”スーパー映画”といえば、何といっても伊丹十三監督の『スーパーの女』の印象が強い…。
[PR]
by issa-izm | 2006-04-09 00:48 | 書評&DVD鑑賞記
【4月1日】●巨人1-9横浜○(東京ドーム)
e0000839_1939330.jpg今シーズン初めての観戦(開幕第2戦)は、前日まで元同僚のKさんと数年前まで同僚だったこれまたKさんと。面子が面子だけに、試合開始前からの飲めや唄え?の大宴会となった。。
さて試合の方、我が巨人軍の先発は高橋尚。「やっぱ、ヒサノリかよ」とは年長のKさん。最近のヒサノリと言えば、”ケツ丸出し”したミレニアム当時の勢いはすっかり影を潜め、2年前に横浜スタジアムで観戦した時の”サンドバック”状態のピッチング(確かその日は横浜に16点取られて負けた)を否が応にも思い出してしまう…。相手はしかも、”巨人キラー”で名を馳せるサウスポー・土肥。去年は土肥1人に7つも勝ちを献上してしまった……。
e0000839_19393350.jpgそんなヒサノリはともかく、我々のもうひとつのお目当ては巨人の矢野謙次外野手(右打ち)。昨シーズン全7本塁打の内、4本を土肥から放っているチーム唯一の”土肥キラー”だ!だがしかし…、蓋を開けてみれば、この日のスタメンも開幕戦同様、2年目の亀井(左打ち)。2番もロッテから移籍した左の小坂。試合前から早々と嫌な予感が漂った。。
案の定、土肥を攻略できず、小久保のソロHRのみ。左を6人も並べてはいけません。矢野のライバル・亀井はノーヒット。やはりこの試合は2番仁志、8番矢野で行くのが最善であった気がような気がする。
「不動心」、原監督の座右の銘らしいが、今後もこのような起用が続けていけば、その歪みは必ず来る。右投手には小坂と亀井、左投手には仁志と矢野というツープラトンのシステムを明日以降、試してもらいたいものである。頑張れ、巨人!!
[PR]
by issa-izm | 2006-04-02 21:38 | スポーツ観戦記