> 以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
> 最新のトラックバック
ヘルシーで体にやさしい自然食
from 元祖ニュータンタンメン本舗 ..
市場から直送!新鮮魚の『..
from おいしいおしゃれなグルメ地図..
Fun Deli(ファン..
from まろまろ記
ちょっとだけ季節外れのがめ煮
from 晴走雨読
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
PC、繋がった━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜━━ ッ !!。
ようやくさっき、開通しましたー!しかし、引っ越しをしてから2週間弱…。「何でこんなに時間が掛かるんや…。ちょい遅過ぎやろ…、K○○Ⅰ」、「まぁ繋がったからええけど、オリンピックの速報もTVのニュース、イチイチ待たなあかんかったし、毎日楽しみにしとる『ZAKZAK』(日刊フジ)の記事も読めへんかったのは正直、辛かったわ…」。”ブログ継続危機”もあったしな…
e0000839_1471528.jpgということで、気分新たにスキンも一新してみました!そろそろ野球シーズンも始まることやし、GIANTSカラーでお楽しみください☆Kさん、明後日発売の巨人開幕シリーズの発売時にはPCの前に陣取りますので、ご安心ください。もう一人のKさん、改めてご案内させていただきます(笑)
さて、やはり新居はいいもので、快適な毎日を何とか過ごしています。多少、見晴らしもよくなったし、TVも冷蔵庫も洗濯機もベッドも買い換えたし、DVDレコーダーも買ったし、寝るだけに帰っていただけのホームライフが少し楽しく思えてきました。。それにしても約8年間住んだ前の部屋からは懐かしいものが出る出る出る!!!その中でも一番懐かしかったのは8年前の自分かもしれません……(笑)
e0000839_1435668.jpgと徒然なるままに書いてきましたが、ここ何日かのマイブームは何といっても「カーリング」。初戦のロシア戦での逆転負けをたまたま見てから、すべての試合を録画したり、LIVEで観たりと完全にハマってしまいました。各国力の差が均衡していて、どの試合も接戦になるスリルとその駆け引き、また試合時間も2~3時間とBEERを飲みながら観戦するにはちょうどよい長さ。選手の一挙手一投足に目を奪われました。某飲食店の若旦那とは電話越しに狂喜乱舞したものです。今回、カーリングが注目された理由として、これまで華々しい実績を残してきたスピードスケートやスキーのジャンプ等が不振に終わったことがあるのかもしれませんが、今回の盛り上がりで東京都のカーリング教会の体験教室の予約が7月まで埋まってしまったということですから、今後の普及にも期待したいと思います。
さぁ、いよいよフィギュアスケート!明日起きたら、どうなってるのか??神のみぞ知る。。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2006-02-24 00:01 | 周辺雑記
淋しい春になりそうだ…(2月9日)
「春は別れと出会いの季節」というが、社会人になってからもそんな気分を味わうことになるとは思わずにいた。まぁ、転勤や退職は社会人にとっては付き物かもしれないが、やはりそれはそれで淋しい…。特にこの度、退職される数名の方とは公私にわたり、深くお付き合いさせていただいていたので、より一層のものがある。
なぜか次の漢詩を思い出していた。。

黄 鶴 樓 送 孟 浩 然 之 廣 陵              李白
(黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る)    

故 人 西 辞 黄 鶴 楼 (故人西のかた黄鶴楼を辞し)   

煙 花 三 月 下 揚 州 (煙花三月揚州に下る)   

孤 帆 遠 影 碧 空 尽 (孤帆の遠影碧空に尽き)   

唯 見 長 江 天 際 流 (唯だ見る長江の天際に流るるを)

【意訳】親しい友の孟浩然は、この西の地、武昌の黄鶴楼で別れを告げ、霞に煙る花の咲く三月、揚州へと舟で下ってゆく。
楼上から眺めると、友の乗る舟の帆かげが青い空の彼方に消えてゆき、後には長江の水が空の果てまで悠々と流れているのが見えるだけである。  

この詩は、李白の年来の友人である孟浩然と黄鶴楼で別れた時のもので、”送別の詩の絶唱”と言われる。記憶では高校の時に習ったはずだが、情景を思い浮かべやすいこともあり、この詩は孟浩然の「春暁」同様、今でも諳んじることができる。
元々漢詩は好きな方で、長旅の際にはポケット漢詩集をBAGに忍ばせたりもする。列車の車窓を眺めながら、漢字のみのシャープな文体から詩の意味を想像するのもなかなかオツなものだ。
「別れはいつでも淋しい」、そんなことを感じた日であった。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2006-02-23 23:41 | 周辺雑記
富士山が見える日は??(2月5日)
e0000839_15553716.jpg今日は日曜ながら、『集客フェア』の為、休日出勤。久しぶりに空気が澄み切った一日となった。
というのも朝、富士山がくっきり見えたからだ。以前の記事でも述べたことがあるが、自宅から職場までの通勤路は実にUP-DOWNが激しい…。その途中の最高地点から富士山を結ぶ視界には一切の遮蔽物がないため、空気が澄んだ日には雪化粧した富士の頂が見渡せるのだ。先々週は3日連続で見えたこともあったが、先週は一度も見えず、さすがに見えた時には清々しい気持ちになる。
e0000839_1557512.gifちなみに富士山の目視限界は、【北限】が福島県岩代町の日山(直線距離299km)、【西限】が和歌山県那智勝浦町の妙法山(直線距離322.6km)ということである。
ちなみにちなみに2月23日は『富士山の日』。たまには富士山を見てみるのはいかがですか?(渋谷にある本店の屋上からも見えるそうです)
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2006-02-22 13:32 | 周辺雑記
更新スランプ??
e0000839_133826.gifのっぴきならない事情がありまして、最近更新できていません。現在、自宅でPCが使えない環境も理由の一つであります(引越したことが原因。開通にはもう少し時間が掛かりそうです…)。ご心配いただきまして、ご連絡してくださった方々、どうもありがとうございます☆
「通勤路から富士山が見える話」・「寂しい春になりそうな話」・「早稲田大がトヨタに勝った話(ラグビー)」・「カーリングにはまった話」等、作成途中の記事がいくつかありますので、時期が来たら一気に更新しようと思っています。今後ともよろしくお付き合いの方、お願い申し上げます。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2006-02-21 13:34 | 周辺雑記