> 以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
> 最新のトラックバック
ヘルシーで体にやさしい自然食
from 元祖ニュータンタンメン本舗 ..
市場から直送!新鮮魚の『..
from おいしいおしゃれなグルメ地図..
Fun Deli(ファン..
from まろまろ記
ちょっとだけ季節外れのがめ煮
from 晴走雨読
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
<   2005年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧
年の終わりに。。
e0000839_2063636.jpg今、「紅白歌合戦」をTVで観ていますが、今年はめっきりTVを観る量が減ったこともあり、知らない歌手が多いこと多いこと、、
e0000839_23334548.jpg恥ずかしながら「倖田來未」の唄は初めて聴いたし、「D-51」とか「WaT」なんて名前も知らない。『ENDRESS STORY』って曲は聞いたことはあったけど、「伊藤由奈」っていう歌手は知らなかった。「ゴリエ」まで知らん!!今年、流行った人で知ってたのは、辛うじて「スキマスイッチ」くらい…。
つい数年前まではほぼ毎週、深夜の「CDTV」は欠かさず観てたのに、人の興味って変わっていくものだとつくづく思う。それにしても「仲間由紀恵」の司会には感激!!こんなに喋れるとは。
話は180℃換わり、皆さんの2005年はどんな年でしたか?私には転勤をはじめ、いろいろあった年でした。。
e0000839_15918.jpgこのブログ『渋谷で働くサラリーマンの日記』を始めたのも今年の6月10日。以来ご訪問いただきました皆様、どうもありがとうございました☆
来る年、2006年が皆様にとりまして、実り多き年になりますよう祈念いたしまして、2005年最後の記事にしたいと思います。来年もブログ共々、issa-izmをよろしくお願い申し上げます('-'*)ヨロシク♪
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-31 22:44 | 周辺雑記
新幹線混雑、帰省ラッシュがピーク!!
e0000839_22382466.jpg正月を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュが30日、ピークを迎えた。東京から地方に向かう新幹線や空の便はほぼ満席となり、空港やJRのターミナル駅は家族連れなどで終日混雑した。
東海道・山陽新幹線では、東京から新大阪や博多方面に向かう下りの「のぞみ」は自由席乗車率が100~150%となり、「ひかり」も80~130%。東北、上越、長野新幹線でも下りは軒並み100%を超え、新庄行きの一部は180%まで混雑した。
(2005年12月30日 11:27 共同)
e0000839_22405410.jpgさっき、三重の実家へ帰省した。上の記事の通り、新幹線「のぞみ」は超混雑していて、新横浜~名古屋までずっと立ちっぱなし…。幸いにもウチの会社は、世間一般の会社よりも正月休みが早く始まり、遅く終わるので、帰省ラッシュというものにこれまでほとんど遭遇してこなかったのだが、今年は…(ノ_-。)駅へ行くまでは座って帰れるものだとばっかり思っていたこともあり、事前に切符を買っておかなかったことを後悔した。
でもやっぱり座ってみたくなり、グリーン車を偵察に行くと、空席がちらほら☆「すべて満席という駅の表示は一体どうなってんだ?!」と疑問に思い、通りすがりの車掌さんに聞くと、「利用できる」という話。でもでもやはり料金が気になり尋ねてみると、「名古屋まで約4,000円です」との返答。1時間少しの我慢=¥4,000、結局はデッキで我慢することに決めたのでありました。
ちなみに約90分の立ちっぱなしというのは何ともなくて、「これならよっぽど毎日の通勤満員電車(東急田園都市線、注;今は諸般の事情により利用してないが…)やスタンディングのLIVEとかの方が辛いや」と感じ、無事に名古屋で降車したのでありました(*^-^)
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-30 22:03 | 周辺雑記
『七志』たまプラーザ店(12月25日)
数ある博多(とんこつ)ラーメン店の中で、私が今、最もお気に入りの店がこの『七志』である(渋谷にある『唐そば』もうまいが…)。東急たまプラーザ駅から徒歩数分、イトーヨーカ堂のはす向かいにある。
e0000839_12293910.jpg
【オーダーした品】☆七志ラーメン¥700☆ミニ角煮丼¥300☆煮卵¥100
「焦がしにんにく油とゴマが香ばしい」がコピーの看板メニューの「七志ラーメン」を注文。麺はやや太めでストレート。少し硬めで、コシがある。トッピングはチャーシュー・茎ワカメ・ネギ・メンマ。その上に焼き海苔が乗っている。
e0000839_12304922.jpgスープは濃厚でありながらも後味スッキリ!ほどよいコクがあり、塩加減も抜群。量もさほど多くないため、いつももう少し食べたくなるが、替え玉はなし。
対して、「ミニ角煮丼」は今イチ。トッピングした方が美味しいかも…。自分で割って作る「プーアル茶」は飲み放題。爽やかな喉越しはこってりしたとんこつラーメンによく合う。
とにかくお勧めのラーメン店です!!
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-25 23:26 | 原色ラーメン図鑑
『玉寿司』(12月24日)
e0000839_0523599.jpg「仕事納め」となったこの日は、会社の同僚と忘年会。店は予定通り、『玉寿司』さん。今年、一番お世話していただいた店。やはり一年の最後は、この店で締め括りたい。
【食べた料理】☆お造り盛り合わせ☆氷頭鱠☆蟹みそ☆生牡蠣☆銀ダラの照り焼き☆ししゃも焼き☆特上寿司
【飲んだ酒】☆『五番隊』☆『白金坂』☆『坊津』☆『五代』☆『白玉の露』※すべて芋、ロック。
e0000839_0515129.jpg「お造り盛り合わせ」は白身魚中心に出していただいた。その中のトロは未だかつて食べたことがないような「大トロ」。霜降りが美しく、ほのかなピンク色をしていて、あたかも牛肉を想わせた。味も絶品。「蟹みそ」も「生牡蠣」も美味かったが、この日の驚きは「氷頭鱠(ひずなます)」。何でも氷頭鱠とは鮭の頭の軟骨部分を薄く切って甘酢に漬けたものだそうで、コリコリした軟骨とゼラチン質部分のヌルっとした食感は、なかなかの珍味であった。「銀ダラの照り焼き」はいつもうまいが、この日のものは特別美味しく感じた。焼き加減が絶品!!最後に〆として食べた「特上寿司」も最高であった。鮪も雲丹もさることながら、巻き物の「ネギトロ巻」は最高!!若旦那によると、皮に近い最も脂の乗り切った部分だけを使っているのだと言う。それだけ稀少価値があるのだそうだ。お酒も初めて飲んだ『五番隊』は実にまろやかで、まさに美酒。
e0000839_054394.jpg『玉寿司』さんの酢飯も見事だ。年末は忘年会が重なり、それだけ他所の寿司を食べる機会も多かったが、やはり『玉寿司』さんが一番だと感じた。舌が慣れてしまったこともあるかもしれないが、酢と砂糖と寿司米のハーモニーが抜群なことに間違いはない!!
最後になりましたが、『玉寿司』スタッフの皆様、一年間ありがとうございました。また、来年も宜しくお願い申し上げます(゚∇^d)
[追記]この日食べた「ししゃも」は、北海道鵡川産。本来、「ししゃも」というものは北海道の東方沖でしか獲れないそう…。市場に出回ってるは別種の外来種とのことです。。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-25 09:57 | 東京食紀行
「EGO-WRAPPIN'」のLIVEへ行ってきた!!
この日の夜は昼間と打って変わり、ちょっと妖しげな雰囲気漂う鶯谷の「東京キネマ倶楽部」へ。昭和の初めにタイムスリップしたかのようなホールだ。元はダンスホールだとかキャバレーだったとか、はたまた無声映画の劇場としてつくられたと言われ、建物自体はかなり古い。その為、火事も怖いが、EGO-WRAPPIN'(エゴ-ラッピン)のLIVEはスタンディングで多くの人がムチャクチャに飛び跳ねたりするから、臆病な私は床が抜けてしまわないか?、やや心配になる。まぁ、そんなことはさておき、、
e0000839_23161786.jpg
EGO-WRAPPIN'のLIVE。今回で2年連続2度目、去年の同じ日にもここへやってきた。元々、EGO-WRAPPIN'の楽曲といえば、ドラマ「私立探偵 濱マイク」の主題歌となった『くちばしにチェリー』くらいしか知らなかった訳だが、昨年たまたま余ったというチケットを会社の上司につかまされたのがキッカケで、何となく通勤の電車なんかで聴くようになった。。特に代表曲である『色彩のブルース』はやや不眠症気味の私の脳にうまくマッチするようで、子守唄代わりにもなっている。深夜に聴くにはピッタリの曲だ。
さて、肝心のLIVEは結構激しいし、少々うるさい気がしないでもない。どちらかといえば、クラシックが好きな私には合わない気もするのだが、でもどこか魅かれてしまうのだ。聴いている内に脳がポワ~ンとしてきて、何だかまるで幻想の中にいるような不思議な気持ちになる音楽。そう、そこにはカオスの世界がある。
そして、何よりかっこいい!中納良恵のカリスマ的魅力。EGO-WRAPPIN'は間違いなく生がいい!!
e0000839_2320211.jpgJAZZベースのアコースティックなサウンド&メロディー。そしてその根底にはロック&ソウルが流れている。序章⇒中盤⇒クライマックス。静かな出だしから始まり、次第に盛り上がっていき、最後は弾けるように歌いあげた後、ラストは静かによっちゃんが弾くピアノの曲でまとめた。その辺りの構成もお見事。伊達に10年もやっていない。「ぽーっ」と余韻に浸ってしまうのも当然だ!!
武嶋聡のサックス&フルートにも再び聞き惚れて、約4時間立ちっ放しであった足の疲れもすっかり忘れて、家路についたのでありました。。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-24 01:25 | 周辺雑記
『和田倉』(12月23日)
e0000839_15484437.jpg皇居の緑に囲まれた伝統ある『パレスホテル』の中の和食堂『和田倉』。祝日のお昼ということもあってか?、店内はガラガラ。しかし、ホテルのレストランだけあって、さすがに水準は高い。物腰が柔らかく、気品のある和服の女性が給仕をしてくれる。料金の方は丸の内界隈の企業の接待向けなのか?、やはり高い。
【食べた料理】「レディース会席~師走」¥5,000
(先附)海月白昆布和え・松の実・胡麻・蓮根
(前菜)昆布締め砧巻き・ふぐ南蛮繊野菜・栗博多蟹子和え
(吸物)蛤真丈・かぶ菜・水仙・柚子
(造り)鮪・鯛・芽盛り・山葵
(焼物)甘鯛柚庵焼き・京芋・花豆・葉地神
(煮物)南瓜豆富・鰊煮・海老・青菜・小芋・人参
(揚物)豆ふぐ唐揚・大浦牛蒡・青唐・すだち
(食事)押し寿司・赤出汁・生姜
(菓子)りんごのシロップ漬け
e0000839_15534640.jpg全体的にはあっさりした上品な味付け。正統的な日本料理の奥深さを充分に堪能できる。素材も旬のものが用いられ、季節感が感じられる。特に「豆ふぐの唐揚」は絶品。揚げ立ては香ばしく、身はぷりっぷり(^∇^)また、「甘鯛柚庵焼き」は和食らしい上品な味。
日本料理の「粋」を感じさせてくれる店である。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-24 00:30 | 東京食紀行
「天皇誕生日」一般参賀に行ってきた。
e0000839_19234241.jpg天皇陛下の72歳の誕生日の今日、会社の上司と皇居の一般参賀へ行ってきた。生まれて初めて。天皇陛下は宮殿のベランダから、皇后さま・皇太子ご夫妻・秋篠宮ご夫妻と共に手を振っていた。天皇陛下は集まった人々に「今年もみな一人ひとりにとり、様々な喜びや苦労があったことと思います。各地で大雪が降り、厳しい冬となり、人々の生活を心配しています」と挨拶。いつもNHKのNEWSでしか見ることのなかったその光景が眼の前にあった(当然だが…)。それにしても外国人の姿がよく目立った(仮に私が英国滞在中だとして、エリザベス女王を眼の前にするような機会があったとしたら、多分見に行く…、そんな感じか)。
e0000839_19153920.jpg

e0000839_19261587.jpg上司に皇居を案内してもらった。皇居の中に無料で入れるなんて、全く知らなかった。そういえば、東京に約10年間近くも住んでいて、東京観光した記憶がない…。「東京タワー」は中学の時の修学旅行で見学しただけだし、「浅草寺」も「新宿御苑」もからっきし行ったことがない。
そんなことを思いつつ、忠臣蔵で有名な「松の廊下跡」、天守閣があったという「天守台」等を鑑賞して、大手門からパレスホテル『和田倉』へ。昼食の様子は「東京食紀行」でお楽しみください(近日、公開予定)。
e0000839_19331479.jpg昼食後、東京駅付近を散策した。東京駅の待ち合わせスポット「銀の鈴」、地下鉄完成を記念してつくられた「ステンドグラス」、1914年完成で来年4月から長い修復休業に入る「ステーションホテル」、八重洲の由来といわれる「ヤン・ヨーステンの碑」等、歴史の重みを感じさせるものばかり…。そういえば私が大学受験の時、初めて降り立ったのも東京駅だった…。月日の流れるのは全くもって、早いものだ。。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-23 23:59 | 周辺雑記
渡辺俊介と出会った━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜━━
e0000839_23710100.jpg昼休みに同僚と散歩をしていたら、会社の近くのグラウンドでプロ野球・千葉ロッテマリーンズの渡辺俊介投手(29)と広島東洋カープの梅津智弘投手(22)が練習しているのを発見!!
慌てて、職場に置いてあった1枚のサイン色紙を取りに帰り、見事サインをGET!!どうやら近くにある学校?のグラウンドを借りて、軽いウォームUPを行っていたようだ。
今年、球界屈指のサブマリンは名実ともに日本の頂点を極めた。15勝4敗、防御率2.17。リーグ優勝⇒日本一⇒アジア制覇の原動力となり、オフもTV出演、各種イベント等で多忙を極めているらしい。
e0000839_2313276.jpg
世界一低い位置から繰り出される異色のボールは、並いるパリーグの強打者達を翻弄した。地上スレスレ、僅か5cmの高さからリリースされたボールは、バッターの胸元まで駆け上がるように伸びてくる。驚くべきしなやかなアンダースローは、身体の軟らかさと腕の長さによって生み出されている(事実、手が異様に長かった!!)。
アンダースローはもともと、日本人が発明した投球フォームだと言われている。その優雅なフォームは憧れを集め、数々の名投手(南海・杉浦、阪急・山田等)が登場した。しかし注目を集めたアンダースロー投手は、90年代以降、ほとんど見られなくなった。そのムチのようにしなる腕からボールが放たれると、バッターには腕を振りきった後からボールが飛び出してくるように感じてしまうのだと言う。タイミングの合わせようのない投球に見えるのである。それが打たれない秘密。
e0000839_2395393.jpg3月には国別世界一決定戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場も決まった。日本のエースとしての期待が掛かる。30歳を迎える右腕が、世界に羽ばたく2006年。柔よく剛を制す渡辺俊の姿に、来年も日本中が酔いしれる。
(広島の梅津投手もブラウン新監督、直々の指導のもと、サイドスローからアンダースローへの転向を目指しているという。ただし、大学時代に挑戦した時はうまくいかなかったとの情報も…)
ふたりの変則右腕コンビに来季も期待だ!!
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-21 23:27 | スポーツ観戦記
「国際フィギュアスケート競技会」(12月18日)
e0000839_26593.jpg会社の先輩と代々木体育館へグランプリ(GP)ファイナル(エキシビション)を観に行ってきた。お目当ては”ミキティ”こと安藤美姫。TVでもテレ朝が3夜連続で放映したりと、史上まれに見る強さを誇る日本フィギュアスケート陣は今、注目の的である。初めて観戦して感じたことは「フィギュアは生で観るべきだ!」ということ。スケートリンクいっぱいに使う全体的な動きは、TVからは感じ取れないし、何といっても臨場感がすごいのだ。プロ野球観戦のようなイメージで行ったら、フィギュアの方が圧倒的に選手と近く、その迫力に息を呑んだ…(かなり寒かったが)
e0000839_26489.jpgその安藤美姫だが、今日が18歳の誕生日ということもあって、会場からは「Happy Birthday♪」の合唱のプレゼントもあったが、本戦での3度のジャンプミスの影響を引きずっているのか、スケーティングはあまりに単調で元気なさげに見えた。しかしながら、グラマーかつセクシーな肢体はどの選手よりも美しく、スケールの大きさは感じさせてくれた。最後の最後、閉幕のセレモニーの際には本戦では不発に終わった4回転ジャンプを成功させ、場内を沸かせてくれた。
今季、彗星のごとく現れ、今大会でも3位となった中野友加里は”しなやか”というのであろうか”たおやか”というのか、『アメージング・グレース』の曲とともに柔らかな演技をみせてくれた。また、今大会の優勝者で、一躍スターダムにのし上がった弱冠15歳の浅田真央の演技はスケールこそ感じられないもののバネがよく効き、そのリズム感は抜群であった。身体はまだ成長過程にあるようで、次回の五輪ではどうなっているのか、気になるところ…。トリノで見られないのは全くもって残念だ…
e0000839_2545850.jpgそんな中、女王のイリーナ・スルツカヤ(ロシア)は情感豊かな演技で観客を魅了した。見ているものの眼を休ませない演技は、トリノでの”金”を連想させた。
男性陣では器用で茶目っ気のある演技をする織田信長の末裔・織田信成とスピード感抜群でダイナミックなスケーティングをする高橋大輔の五輪切符争いにも今後注目だが、カナダのジェフリー・バトルの高速スピンが特に印象に残った。"Something"を感じさせてくれる選手である。
長くなったが、この日一番の感動は、ペアとアイスダンスだ!(どう違うのかは勉強中。。)男子と女子のそのコンビネーションは圧巻で(エキシビジョンの為、多少ショー的であったことは抜きとして…)、特に男子選手が女子選手を回転させたり、放り上げたりするシーンはあまりに大胆で、思わず声をあげてしまった。なぜ、日本ではあまり注目されないのか不思議に思った。
そうして、フィギュア初生観戦は大満足の内に終わり、帰宅してからもTVでの録画放映に見入ってしまったのでありました。
(全くの余談になるが、帰り道の公園通りで偶然、ギターを担いで歩く俳優の内藤剛志を見たのでした。イメージより大きかった)
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-19 01:37 | スポーツ観戦記
『DEN AQUAROOM AOYAMA』
先輩の結婚式(二次会)へ行ってきた。『デン アクアルーム アオヤマ』、貸し切り。壁いっぱいに広がる大きな水槽に色鮮やかな熱帯魚が舞う幻想的な店だ!それにしても表参道を歩くのは久しぶり…
e0000839_2222969.jpg
e0000839_215055.jpg二次会だから、かなり”くだけた”会で、長州小力もどきが登場したり、新婦の友人達がチアリーディングを披露したりと、大変楽しかった(我々も『てんとうむしのサンバ』の用意をしていけばよかった…笑)。でも最後には、新郎の両親による挨拶があり、そのスピーチはかなりグッとくる内容で(途中、「あいだみつを」の詩が登場したり…)、泣き上戸の私はやはりお酒の力も作用し、ホロリと来てしまった。「だから、人生は楽しいんだなぁ…」とか思ったり、なかなか有意義な時間でありました。。
e0000839_21505075.jpg余談として、その二次会会場へ行く途中で、読売巨人軍の矢野謙次外野手と表参道の交差点ですれ違った。熱狂的なG党の私は、思わず立ち止まってしまったが、何としばらくして、その矢野選手が二次会会場へ現れたのだ。聞くところによると、矢野選手は新郎の知人だそうで、ミーハーな私はちゃっかり一緒に写真に収まっていたのでありました…。頑張れ~!矢野、来季のジャイアンツのセンターは君のものだ!!e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-18 00:58 | 周辺雑記