> 以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
> 最新のトラックバック
ヘルシーで体にやさしい自然食
from 元祖ニュータンタンメン本舗 ..
市場から直送!新鮮魚の『..
from おいしいおしゃれなグルメ地図..
Fun Deli(ファン..
from まろまろ記
ちょっとだけ季節外れのがめ煮
from 晴走雨読
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
カテゴリ:原色ラーメン図鑑( 13 )
『万豚記(ワンツーチー)』
厚木にある店。246沿い。今、森林浴がブームになりつつあるとのことで、流行に敏感な友人と神奈川県の外れにある「宮ヶ瀬ダム」へ出掛けた。そのついでに入った店。
e0000839_0241955.jpg【オーダーした品】芝麻葱麺(ごまスープねぎ麺)¥920・やみつき焼餃子¥290
スープは豚骨ベースに胡麻の風味が効いた白濁色。麺は平打ち縮れ中太麺。具材は挽き肉と葱のみ。肉はほとんど入っていないが、葱はたっぷりだ!
ひと口目は味にインパクトを感じるが、その後は豚骨のこってりした濃厚過ぎる味と胡麻風味のやや甘い味のミスマッチが多いに気になる(餃子は冷凍食品のようで、特筆の必要なし)。
普通の坦々麺をオーダーした友人は「うまい!うまい!」と言い、スープまで残らず、飲み干していた。確かに麺は食感といい、味わいといい、及第点の出来だから、10以上あるラーメンの種類を減らし、“これは”といえるラーメンのみに厳選すべきである。「四川風味の本格的なラーメン店」であることに間違いはない!!今後に期待したい。
[PR]
by issa-izm | 2006-06-25 00:12 | 原色ラーメン図鑑
『壱龍』(5月19日)
たまプラーザの駅からあざみ野駅へ向かう途中にある。たまプラーザ駅から徒歩7~8分。たまプラには豚骨ベースのラーメン店が多いが、この店もそのひとつ。
e0000839_0152144.jpg【オーダーした品】☆特製札幌味噌ラーメン¥930
店に入った途端、豚骨の何とも言えない臭いが漂う。以前に一度、訪れたことがあるが、立地は決していいとはいえない割に、そこそこの客が入っている。
オーダーしたラーメンにはいっさいがっさいの具が入っている(味付玉子・ねぎ・もやし・わかめ・コーン・めんま)。麺は中太麺。ひとくち、スープをすすった時の感動はひとしおだが、食べるにつれ、味が薄く感じるようになるのはどうしてだろう?スープは白味噌ベースでまろやかではあるが、もう少し甘みがほしい。また、少しぬるいのも気になる。全体的には平均点以上の味ではあるが、細かな部分で惜しい気がするラーメンである。
[PR]
by issa-izm | 2006-05-19 23:41 | 原色ラーメン図鑑
赤坂『一点張』(5月18日)
無性にラーメンが食べたくなり、たまプラーザの人気店『一点張』へ。いつもそこそこ混んでいる優良店だ!
e0000839_16374798.jpg【オーダーした品】☆塩わさびラーメン¥700☆半炒飯¥350
この店の看板は「味噌ラーメン」だが、”味噌”は何度か食べたことがあるので、この日は思い切って?、異色のものを注文してみた。少し塩辛い塩ラーメンがベース。焼き海苔の上にわさびがこんもりとのっている。。他に具材として、チャーシュー・メンマ・もやし・ねぎ。麺は中太の縮れ麺でモチモチとした食感がある。
e0000839_16394048.jpgわさびを溶かして、食べてみる。イメージとしては「わさび茶漬け」に麺が入った感じ。ラーメンの湯気が眼に入ると同時に鼻にもツーンときて、食べ終わる頃には顔が泣き腫らしたようになる…。まさに”泣きラーメン”だ!!少ししょっぱさが気になるが、また食べてみたくなる味。飲んだ後なら、なおさらかもしれない…。異色のラーメンだが、おススメの一品である。炒飯はごく平凡な味。米粒が少々べチャべチャしていたのが気になった…。
[PR]
by issa-izm | 2006-05-18 23:55 | 原色ラーメン図鑑
『じれっ亭』(5月14日)
鷺沼駅から徒歩約15分。有馬方面へ向かうバス通り沿いにある店だ。店舗はそれほど大きくはないが、若い男性店員も7~8名いて、活気に溢れている(少し店員が多過ぎるような気が…)。
e0000839_1719185.jpg
【オーダーした品】☆チャーシュー麺¥800
コッテリ味の豚骨醤油のスープ、かなり濃い味だ(ライスが欲しくなる味…)。麺は少し縮れたストレートに近い太麺。脂が多く、ひと口目は”豚臭さ”がハナにつく。「とんこつ」とはこんな味なのだろうか?以前、紹介したたまプラーザの『横濱屋』に味は近い。トッピングできるチャーシューは200円だが、わざわざトッピングするまでもない品だ(デフォルトで焼海苔とほうれん草が付いている)。味噌味にもできるということだから、次回はそちらの味を食べてみたい。
[PR]
by issa-izm | 2006-05-15 23:04 | 原色ラーメン図鑑
『元祖ニュータンタンメン本舗』鷺沼店(3月15日)
e0000839_12561186.jpg近所にある馴染みのラーメン屋が店をたたんだ。この日は最後の営業日で、すべてのメニューが¥100となった。店長のWさんは田舎へ戻り、店を開くという。
それにしても繁盛した店だった。毎晩、21~23時のサラリーマンが帰宅する時間帯になると、行列ができていた。鷺沼駅周辺には「ラーメン屋」というべき店は、この店くらいしかないことを割り引いたとしても、人気店であったことに変わりはない。
e0000839_12573543.jpg特に「味噌ラーメン」は絶品だった。最初、食べた時の感動は今でも忘れられない!店長自ら調合するというこの店独自の味噌(赤味噌と白味噌のブレンド)の風味はまろやかさもコクも絶妙で、筆舌に尽くしがたい。「味噌ラーメン」という括りで言えば、甘い部類の濃厚な味で、それでいてしつこさがなく、実に優しい味であった。
”看板メニュー”の「たんたんめん」も旨かった。この「たんたんめん」はいわゆる一般のゴマ風味のものとは全く異なり('05.12.09の日記)、さっぱりラー油風味with溶き卵という異色の「たんたんめん」だったが、これを食べに足繁く通う客も多かった。また、「餃子」も私が食べた中で一番の味。沢山の具を包む表面の皮はパリパリで香ばしく、しかもジューシーなその食感は病みつきになる程であった。
この店と私の付き合いは約7年程。たまたまマンションの同じフロアの住人がこの店の常連であったこともあり、店長の自宅で鍋パーティをしたことも懐かしい想い出のひとつだ。店はフランチャイズ店ではなく、系列店化されて、今後も営業されるということだが、この店独自の味が失われてしまわないか?、少し心配になる…。またひとつ、いい店がなくなってなってしまった…。何とも寂しいことばかりの春である。。
[PR]
by issa-izm | 2006-03-23 23:55 | 原色ラーメン図鑑
『鬼うまラーメン』(3月9日)
久しぶりの更新(少しラーメンに飽きてきた…)。この日は会社の先輩と後輩に誘われ、梶ヶ谷のとあるラーメン店へ。何でも東急カードの会員向けに配布される会報誌に載っていたという東急沿線のおススメ店らしい。
東急田園都市線・梶ヶ谷駅から徒歩約5分、コジマ電器の脇に立地している。車の場合はR246を渋谷方面からやって来たとすれば、梶ヶ谷の交差点で左に曲がった所にある。店の大きさは結構広め、内装は特に凝っておらず、どちらかと言えば殺風景。店は年配の夫婦2人で切り盛りしている。
e0000839_14332113.jpg【オーダーした品】☆「鬼みそらーめん」¥880☆3種餃子¥550
”看板ラーメン”という「鬼みそラーメン」を食べてみた。麺は中太縮れ麺、スープは赤色半透明。味は味噌というより濃い目の醤油味(隠し味的に味噌が使われているのかも…)、辛くて甘い不思議な味だ。”辛味噌味”とあったが、ピリ辛程度でスープも飲める(ラー油が結構、浮いているが…)。具はメンマとほうれん草の他に、”鬼肉”と呼ばれる大きな豚の角煮が入っている。角煮はトロトロで、角煮好きには堪らない。繊細さは全くないが、親しみを感じる”庶民のラーメン”という感じだ。
一方、餃子の方は普通の味に辛みそ味、しそ味と3種の盛り合わせを食べたが、特筆すべき味ではなかった…。
わざわざ足を運んでまで食べたいとは思わないが、梶ヶ谷に来たら、また寄ってみてもいいなと思える店ではある(といっても梶ヶ谷で下車したことは今回を入れて2回しかないが…笑)。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2006-03-12 00:22 | 原色ラーメン図鑑
『七志』たまプラーザ店(12月25日)
数ある博多(とんこつ)ラーメン店の中で、私が今、最もお気に入りの店がこの『七志』である(渋谷にある『唐そば』もうまいが…)。東急たまプラーザ駅から徒歩数分、イトーヨーカ堂のはす向かいにある。
e0000839_12293910.jpg
【オーダーした品】☆七志ラーメン¥700☆ミニ角煮丼¥300☆煮卵¥100
「焦がしにんにく油とゴマが香ばしい」がコピーの看板メニューの「七志ラーメン」を注文。麺はやや太めでストレート。少し硬めで、コシがある。トッピングはチャーシュー・茎ワカメ・ネギ・メンマ。その上に焼き海苔が乗っている。
e0000839_12304922.jpgスープは濃厚でありながらも後味スッキリ!ほどよいコクがあり、塩加減も抜群。量もさほど多くないため、いつももう少し食べたくなるが、替え玉はなし。
対して、「ミニ角煮丼」は今イチ。トッピングした方が美味しいかも…。自分で割って作る「プーアル茶」は飲み放題。爽やかな喉越しはこってりしたとんこつラーメンによく合う。
とにかくお勧めのラーメン店です!!
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-25 23:26 | 原色ラーメン図鑑
赤坂『一点張』(12月14日)
仲間内では大変、好評のラーメン店。たまプラーザ駅からは徒歩約5分だが、商店街の裏手にあり、ややわかりにくい。東京・赤坂には本店がある札幌ラーメンの店だ。
e0000839_23123478.jpg【オーダーした品】☆味噌ラーメン¥650☆角煮飯¥400
味噌は北海道の白味噌「紅一点」と京都の赤味噌「京桜」をブレンドしたものだそうだが、赤味噌の風味が強い。スープはかなり濃く、個人的には味噌汁を飲んでいるように感じてしまう…。最初の一口目は美味しいが、最後の方は段々飽きてくる。麺は中太麺。味噌とはうまくマッチしているように思う。「角煮飯」はボリューム満点!
店はかなりの繁盛ぶりだ。家族連れが多い。ラーメン店がそこそこ多いたまプラーザの中でも1,2を争う人気店の一つである。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-15 00:12 | 原色ラーメン図鑑
『横濱屋』(12月13日)
店名の通り、横浜を中心に展開されているラーメン店だ。たまプラーザ商店街の入口に位置する。随分、前から営業しているので、それなりに繁盛しているのだろうか?
e0000839_21234847.jpg【オーダーした品】☆ラーメン¥600☆半炒飯セット(餃子付)¥380
ラーメンはとんこつ醤油味で、かなり濃厚で脂っこいスープだ。塩分も多めで、少し塩辛く感じた。麺は中太麺、茹で過ぎなのかやや粉っぽく感じた。チャーシューはかなり薄く、まるで即席麺に入っているかのような代物であった。
対して、オプションで付けた炒飯セットには大満足だ!かなりのボリュームがあり、味もまずまず。餃子は小ぶりだが、やはりそこそこの味だ。
客もそれなりに入ってはいたが、まあ普通のラーメン屋である。
http://yokohama-ya.co.jp/index.html
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-13 23:10 | 原色ラーメン図鑑
『汐のや』(12月9日)
たまプラーザの商店街にある函館ラーメン店『汐のや』。以前(7月19日)に紹介した渋谷・『しおの花』と多分、同系列の店だと思われる。ハッキリ言って、かなりうまい。最近のお気に入りの店の一つである。
e0000839_191253.jpg【オーダーした品】☆特製塩ラーメン¥600☆チャーシュー丼¥300
ラーメンはかつおだしがベースのあっさりした塩味だ。かつおの豊かな風味が、極細の麺とよく合う。体にやさしい味だ。
また、チャーシュー丼は値段の割にそこそこのボリューム。チャーシューも柔らかで、肉本来の旨みがあり、レベルが高い。
e0000839_22103038.jpg店自体は7~8名が入ると、もういっぱい…。大繁盛しているとはいえないが、そこそこ客は入っている。
調理場が狭いこともあり、ラーメンが出てくる時間は早いとは言えないが、それでもまた食べたくなる”何か”を感じさせてくれる店だ!
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-12-11 22:05 | 原色ラーメン図鑑