> 以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
> 最新のトラックバック
ヘルシーで体にやさしい自然食
from 元祖ニュータンタンメン本舗 ..
市場から直送!新鮮魚の『..
from おいしいおしゃれなグルメ地図..
Fun Deli(ファン..
from まろまろ記
ちょっとだけ季節外れのがめ煮
from 晴走雨読
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
> マイブーム「鯖(さば)」
最近、鯖にはまっている。昨夏、羽田空港で買った『みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司』がきっかけとなったのは言うまでもない(この前、セブンイレブンでも期間限定発売してました)。ジューシーな焼き鯖と生姜と甘く煮た椎茸の相性はばっちり!!瞬く間に”虜”になってしまったのだ(渋谷では西武B館の『THE GARDEN』で発売中とのこと)。http://www.jalux.com/main/news/0303_02.html
それからというもの、「鯖」という文字を見るだけで胸騒ぎを覚えるようになった。。「〆鯖」・「鯖の味噌煮」・「鯖の塩焼き」・「鯖の立田揚げ」・「バッテラ」等。不思議なもので、「バッテラ」なんて、子供の頃は”生臭い”感じがして食べられなかったものだが、人の好み(味覚)は変わるものである。
思えば、”釣りキチ”少年(そういや『釣り吉三平』というアニメがあったような…)であった私は、夏休みになるといつも田舎の海の突堤で釣りを楽しんでいた。当時、小学生の間でブームであったのが、”サビキ”という釣り方。”釣る”というより”引っ掛ける”というようなイメージだ。釣り糸上部に小さな籠が付いていて、そこに小さなオキアミ(海老)を入れ、竿を上下させることによって餌が撒き散らされる。そして、釣り糸下部に付いている5~6個の釣り針の疑似餌に魚が寄ってきたところを釣り上げるのだ。運がいいと、時には一度に5,6匹釣れる時もある。
そうして釣ったのが、体長10~15cm程の鯖と鯵(アジ)である。当時、鯖は”下級魚”のイメージがあり、釣ってもすぐ傷むし、使い勝手(料理法)も鯵に比べ万能ではないので、逃がしてやることも度々あった。
それが今では好きな魚の一つに。。鯖の表皮はまるで”刺青”の柄にでもなりそうな模様で、グロテスクささへ感じていたが、食べてみればまた別。まだまだ、鯖ブームは治まりそうにありません。。
e0000839_124571.gif

e0000839_1275831.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-06-27 01:11 | 周辺雑記