> 以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
> 最新のトラックバック
ヘルシーで体にやさしい自然食
from 元祖ニュータンタンメン本舗 ..
市場から直送!新鮮魚の『..
from おいしいおしゃれなグルメ地図..
Fun Deli(ファン..
from まろまろ記
ちょっとだけ季節外れのがめ煮
from 晴走雨読
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
> (№5)「野球は投手力?!」【8月13日】
【桐光学園(神奈川)3-2聖光学院(福島)】2回戦、屈指の好ゲーム。2,3点の攻防と予想していたが、実際その通りになった。桐光は先発・山室からリリーフ・石渡への継投、聖光は1回戦であわやノーヒット・ノーランの快投を見せた舟田の出来がポイントとなった。
聖光学院の舟田は100kmを切るスローカーブを効果的に使い、130km前後の直球をより速く見せ好投していたが、終盤球速・球威とも落ち、制球が甘くなったところを痛打されてしまった。それでも見ていて清々しさを感じさせる爽快なピッチングであった。
一方の桐光学園は序盤に失点した先発・山室を早々に諦め、エース№を付ける石渡へ継投。石渡はMAX144kmの直球と縦に落ちるスライダーをうまく使ったテンポのいい投球でその後、無失点に抑えた。石渡は甲子園へ来てからエース№を付けているというから驚き。。桐光学園、上位進出を充分狙えそうだ。今後も応援していきたい。
e0000839_23132277.jpg
【大阪桐蔭(大阪)8-1藤代(茨城)】前回、凄さの片鱗は見せながら、KOされた大阪桐蔭・辻内の投球に注目した。やはり速い!!最速151kmの直球だけでなく、落差のあるカーブも要所要所で決まり、なんと19奪三振!!ただ時折、コントロールが甘くなったところをミートされるなど、次試合への課題も残った気がする。
e0000839_2312167.jpg
この両試合を観ていて感じたことは、「野球はやはり投手力」ということだ。その対極の言葉で「打線は水物」というものがあるが、高校野球でもプロ野球でも好投手はなかなか打てない。高校野球でいうところの”超高校級”、プロ野球でいうところの”エース級”に該当する投手のことを言っているのだが、”野球は失点を与えなければ負けない”のだから、やはり投手に依るところが大きいと改めて実感した試合であった。
今後の石渡・辻内、両投手の投球に注目していきたい。
e0000839_15545338.gif
[PR]
by issa-izm | 2005-08-13 23:27 | 夏の甲子園