> 以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
> 最新のトラックバック
ヘルシーで体にやさしい自然食
from 元祖ニュータンタンメン本舗 ..
市場から直送!新鮮魚の『..
from おいしいおしゃれなグルメ地図..
Fun Deli(ファン..
from まろまろ記
ちょっとだけ季節外れのがめ煮
from 晴走雨読
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
> 「代打、オレ!!」  【9月15日】ヤクルト8-5広島(神宮)
会社の野球部コーチと観戦。この日は母校の試合がデイゲーム(神宮)であり、見事勝利して、リーグ暫定首位だから、BEERも進む進む。少し肌寒くはあったが、秋風に吹かれての野球観戦もオツなものだ。神宮のカクテルライトはいつ来ても美しい。
e0000839_15504122.jpgよく考えてみると、神宮は6月の母校の入替戦以来。いつもの年ならこの時期は、巨人戦観戦に同僚とよく訪れたものだが、今年の成績では…。
チケットは後輩でもある広島・梅津投手が用意してくれた招待席だ。バックネット裏で観戦。球筋がよく見え、ミットの乾いた音が迫力満点のまさに砂被り席だ!!「やけに大柄な外国人が多いな…」と思っていたら、それもそのはず、後で聞いたら、ヤクルト・岩村お目当てでメジャー6球団のスカウトが押し寄せていたとのこと。その岩村、ヒットこそ1本だったが、8回の守備ではボテボテの当たりに猛ダッシュ⇒ジャンピングスローの華麗な守備を見せてくれた。
この日は巨人ではなく、野球を純粋に楽しめた。プロの何気ないプレーのその巧さに舌を巻くことが度々…。特に遊撃・城石(ヤクルト)、一塁・リグス(ヤクルト)のグラブさばきには感嘆した。記録上では見えないが、球場へ来たから味わえる醍醐味である。
e0000839_155162.jpg8月に1軍昇格し、つい一昨日まで13試合連続無失点を続けていた梅津(広島)の登板こそなかったが、ブルペン近くで声を聞くことができた。極めつけは8回。8試合ぶりに古田兼任監督(ヤクルト)が代打で登場し、球場は拍手喝采。敢えなく、三振に終わってしまったが、大満足の観戦であった。
[PR]
by issa-izm | 2006-09-16 01:06 | スポーツ観戦記