> 以前の記事
2007年 02月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
> 最新のトラックバック
ヘルシーで体にやさしい自然食
from 元祖ニュータンタンメン本舗 ..
市場から直送!新鮮魚の『..
from おいしいおしゃれなグルメ地図..
Fun Deli(ファン..
from まろまろ記
ちょっとだけ季節外れのがめ煮
from 晴走雨読
ナーナック
from おいしいカレー屋さん
> 『雲』(谷川俊太郎)
e0000839_0105070.jpg山登りへ行ってきました。稲光まであった昨日の悪天候とは打って変わり、今日は快晴。「”抜けるような空”とは、まさにこのことかな?」と思いました。歩き回ったせいで紫外線にやられたのか?、顔がヒリヒリしてます…。空を見たら、次の詩を思い出しました。小学校の時に知った詩です☆
今朝は雲が大層美しかった
心をもたずしかしさながらひとつのこころに照らされている
かのように
自らを輝くにまかせたまま
それらはひとときの慰めのように流れていった……

私の信じ私の愛することの出来る
さまざまなものがある
それらが私を生かし続け
それらが私に心を与える

はかなさのままに
ひとの心は計り難い
あまりに遠く或はあまりに近く……

だが樹が生き ひとが生きる
たしかな時と所とをもち続けながら……
今朝私は心に充てぬ手紙を書く

[PR]
by issa-izm | 2006-05-03 23:53 | 周辺雑記